2018年5月7~5月13日のニュース

エピカリスが大井に移籍

エアスピネルが安田記念を回避

第32回SⅠ東京プリンセス賞はグラヴィオーラが優勝

日本馬5頭が凱旋門賞に登録

千葉サラブレッドセールが開催

地方競馬新人騎手が全員初勝利

ムーンクエイクがレコードで重賞初勝利

武英智調教師がJRA初勝利

蛯名正義騎手がJRA通算2500勝達成

第13回ヴィクトリアマイルはジュールポレールが優勝

※タイトルをクリックすると記事へジャンプします。

 

5月8日(火)

●エピカリスが大井競馬に移籍

 17年UAEダービー②着のエピカリス(牡4・美浦・萩原清厩舎)が大井競馬に移籍すると所属するキャロットクラブホームページで発表された。移籍の理由として、クラス再編成で収得賞金が半額となり、レース選択が困難になることなどが挙げられた。移籍は早くても夏以降になる予定。近日中に中央競馬登録を抹消し、大井・藤田輝信厩舎に登録される予定

▲ページTOPへ

 

5月9日(水)

●エアスピネルが安田記念を回避

 エアスピネル(牡6歳・栗東・笹田和秀厩舎)が6月3日に行われるGⅠ安田記念を回避すると管理する笹田調教師が明らかにした。前走後の疲労が抜け切らないためで、宮城県の山元トレセンに放牧へ出され、復帰は秋以降になる予定。

▲ページTOPへ

 

5月10日(木)

●第32回SⅠ東京プリンセス賞はグラヴィオーラが優勝

 大井競馬場で行われた第32回SⅠ東京プリンセス賞(3歳・牝馬・ダ1800m)は今野忠成騎手が騎乗した2番人気グラヴィオーラ(牝3・船橋・佐藤賢二厩舎)が後続を突き放し、7馬身差をつけて圧勝。②着に1番人気プロミストリープ(牝3・大井・藤田輝信厩舎)が入った。勝ちタイムは1分53秒1(不良)。グラヴィオーラは父サウスヴィグラス、母カクテルラウンジという血統。曾祖母にダイナアクトレスがおり、叔父はスクリーンヒーローという良血。前日に施行された第63回羽田盃は1番人気に支持されたヤマノファイト(牡3・船橋・矢野義幸厩舎)が優勝した。

●日本馬5頭が凱旋門賞に登録

 JRAは10月7日にフランス・ロンシャン競馬場で行われるGⅠ凱旋門賞に日本馬5頭が登録したと発表した。
登録したのは
キセキ(牡4・栗東・角居勝彦厩舎)、クリンチャー(牡4・栗東・宮本博厩舎)、サトノワルキューレ(牝3・栗東・角居勝彦厩舎)、ジャンダルム(牡3・栗東・池江泰寿厩舎)、ラッキーライラック(牝3・栗東・松永幹夫厩舎)。同レースは改修が終わったパリロンシャン競馬場で3年ぶりに開催される。

 

▲ページTOPへ

 

5月11日(金)

●千葉サラブレッドセールが開催

10年取引馬のエポワス(17年キーンランドC優勝)

 競馬場を利用して行われる2歳馬のトレーニングセール「千葉サラブレッドセール」が船橋競馬場で開催された。96年から千葉県富里市場で行われていた「両国3歳市場」が前身で、03年から船橋競馬場に舞台を移して開催されるようになった。この日、最高値となったのは「カウガールズドントクライの2016」(牡・父ダイワメジャー)で5,616万円(税込み)で㈱ドリームファームに落札された。また北島三郎氏も「アルテシアの2016」を4,536万円(税込み)で落札。上場63頭で売却は56頭。売却率は88.9%で、平均価格は1,436万2,071円だった。

●地方競馬新人騎手が全員初勝利

 大井競馬第11Rで吉井章騎手(大井・松浦裕之厩舎所属)がアムールブラン(大井・宗形竹見厩舎)に騎乗し、勝利。これによりこの春、地方競馬教養センターを修了し、デビューした新人騎手全員が初勝利を挙げた

18年にデビューした地方競馬新人騎手紹介

 

▲ページTOPへ

 

5月12日(土)

●ムーンクエイクがレコードで重賞初勝利

 
 第63回GⅡ京王杯スプリングカップは4番人気ムーンクエイク(セン5・美浦・藤沢和雄厩舎)が初挑戦ながら重賞制覇。勝ち時計は1分19秒5。これは12年ミトラがフリーウェイS(1600万特別)でマークした1分19秒6を0秒1上回るコースレコード。

●武英智調教師がJRA初勝利

 栗東・武英智調教師が京都10R蹴上特別を管理するタマモアタックで勝ち、JRA初勝利を挙げた。3月の開業から41戦目。

▲ページTOPへ

 

5月13日(日)

蛯名正義騎手がJRA通算2500勝達成

 東京競馬4Rで蛯名正義騎手がジェイケイマッチョ(牡3・美浦・松永康利厩舎)に騎乗して優勝し、JRA通算2,500勝を達成。これは岡部幸雄元騎手、武豊、横山典弘騎手に次いで史上4人目となる快挙。20,592戦目での記録達成で、蛯名騎手はGⅠ26勝を含めJRA重賞で128勝を挙げている。

●第13回ヴィクトリアマイルはジュールポレールが優勝

 雨が降りしきる中、東京競馬場で行われた第13回GⅠヴィクトリアマイル(4歳以上・牝馬・芝1600m)は幸英明騎手が騎乗したジュールポレール(牝5・栗東・西園正都厩舎)が優勝。勝ちタイムは1分32秒3(稍重)。ジュールポレールは父ディープインパクト、母サマーナイトシティという血統。馬主は㈱G1レーシング。ヴィクトリアマイルは西園正都調教師、幸英明騎手ともに初優勝。ヴィクトリアマイルの売り上げは153億1,316万4,600円で前年比108.5%。当日の東京競馬場の入場者は40,306人で同94.0%だった

▲ページTOPへ