レース番号・発走時刻
①競馬場とレース番号

この場合は中山競馬場の10レース

WIN5の5レース目

②発走時刻

この2分前が馬券の発売締切時刻

​レース名
 

 

 

 

 

レース名

レース条件

データ分析の見方

・上の例だと、実績は実績上位馬。

・距離は距離適性上位馬。

・コースはコース適性上位馬。

・レイティングはレイティング上位馬。

・以上を馬番順で表しています。

コース・レコードなど

上から

1、今回のコース

2、当該コースのレコードタイム。この場合は中山競馬場2500mのレコードタイム。

3、当該レースのレコードタイム。

4、今回の予想決着タイム。良が良馬場の場合。重が道悪の場合。

V作戦

①V作戦

人気指数でレースの買い目を推奨。

②レース寸評

レースのポイント。この場合の「惑星注意」は、伏兵馬の台頭に注意したいという意味。

 

賞金欄

 賞金

1着から5着の馬がもらえる賞金(万単位)

馬名欄の見方

馬番・枠番

数字は馬番号。白抜き数字は枠番号。色は枠の色(騎手の帽子の色)。

プロフィール欄

血統のスポーツといわれる競馬。ここでは父、母、母の父が分かります。父と母の父の下には距離適性を表示。母の下の数字は現役時代の勝利数です。

この欄ではその他に、毛色・性別・年齢・産地・生年月日・生産者(右から順に)などが分かります。

斤量・騎手

①負担重量(斤量)

②騎手名、リーディング順位(障害レースの場合は、障害競走のみを対象とした順位)

③今回の騎手がその馬に乗った場合の成績(左から1着、2着、3着、着外)

予想欄の見方
記者の予想欄

◎【本命】最も勝つ確率が高いと思う馬。

○【対抗】本命に対抗できると思う馬。

▲【単穴】勝つ能力があると思われる、3番目に注目したい馬。

△【連下】2着の可能性があると思う馬。

レイティング

右上の数字。レイティングとは、競走馬の能力を数値化したもの。なお、競走成績のない初出走馬、地方からの転入緒戦の馬(交流レース既出馬は除く)、障害戦の初障害馬はありません。

展開予想

逃逃げ馬。スタートから先頭を走る馬。

先先行馬。先頭から2~4番手の位置から抜け出す馬。

差差し馬。先行する馬の後ろに位置し、最後に差してくる馬。

追追い込み馬。後方待機から直線勝負にかける馬。

 

所属厩舎・馬主など

①重巧拙・賞金

左は芝の道悪の巧拙。◎は非常に巧い。〇は巧い。右はこれまで稼いだ収得賞金。

②特別勝・総省金

左は特別レースの勝数。右はこれまで稼いだ総賞金。

③厩舎

所属する厩舎。

④馬主名

馬のオーナーの名前。

 最高タイムなど

①全成績

JRAでの全成績です。左から①着、②着、③着、着外の回数です。

②逃先差追

連対(②着までに入ること)時の脚質別成績です。

左は逃げで3回、先行で4回、差しで2回連対しているので、 この馬は先行が得意ということがわかります。

③クラス成績

そのクラス(500万下、1000万下など)での成績です。左から①着、②着、③着、着外の回数です。

④最高タイム

距離ごとの自己ベストタイム。過去のベストタイムとそのときの着順がわかります。 この馬の2500mのベストタイムは中山競馬場の芝・良馬場で2分33秒1。このときは③着でした。

距離成績の見方

距離適性欄(距離ごとの今までの成績)

レースには、いろいろな距離があります。人間に短距離ランナーや長距離ランナーがいるように、 馬にもそれぞれ得意な距離があります。この欄ではそこをチェックしましょう。距離別に成績が書かれていて、 上から順番に①着、②着、③着、着外の数。当該とは、そのレースが行われる舞台での成績。二四とは2400m、二五は2500mのことです。 この馬は、2400mのレースで3戦して2勝、着外が1回、2500mのレースでは③着が1回あります。(小さい成績表では左から順番に①着、②着、③着、着外となります。)

また、一番大きな成績表の場合には、その馬の兄弟馬も表示されます。

成績欄の見方
  
 
 
成績欄

いちばん下が前走成績欄。前走というのは、いちばん最近出走したレースのことで、予想をするうえでとても重要。 成績欄にはそのレースの種類、距離や着順、そのときの騎手など、予想につながる重要なデータがぎっしりつまっています。 欄を上に見ていくと、さかのぼって更に過去の成績もわかります。レースの間の太線は、前のレースから2カ月半以上開いていることを示しています。

*次の項で更に詳しく解説します。

 
成績欄の見方詳細
上から1段ずつ解説

①…開催日と馬場状態、レースが行われた日

開催日の数字についた印は馬場状態を示しています。

良 …良
稍重(ややおも) …稍重(ややおも)
重 …重
不良 …不良

②…レース名(短縮することが多い)、条件、着順
③…人気、頭数、馬番号
④…レースの距離と馬場の種類、この馬が走ったタイム
⑤…負担重量、騎乗した騎手

負担重量とは、騎手の体重や鞍などレースで馬が背負う総重量のこと。 この重量はレースの種類や馬の年齢・性別などで変わる。ハンデ戦の場合は○数字で表記し、力のある馬ほど負担重量が重くなる。

⑥…ペース、レースでの通過順、4コーナーで回った箇所

レースのペースは、3つに分類されます。
S…スローペース
M…平均ペース
H…ハイペース

4コーナーは、最大で最内・内・中・外・大外の5段階で表記。

⑦…スタートからの3ハロンと最後の3ハロンのタイム、着差

着差は、①着の場合は②着との差。②着以下の場合は①着との差。

⑧…馬の体重、レースの内容
⑨…馬名

2頭表記のパターン

①着の場合は、②着と③着の馬名。

②着の場合は、①着と③着の馬名。

③着以下の場合は、①着と②着の馬名。

1頭表記のパターン

①着の場合は、②着の馬名。

②着以下の場合は、①着の馬名。

コース適性欄(コースごとの成績)

競馬場には、左回りと右回りがあります。さらに芝のコース、ダート(砂)コースがあり、 たとえば「中芝」なら中山競馬場の芝コース。「右芝」なら右回りの芝コース。 「全芝」は合計、つまり芝での全成績をまとめたものです。また、「芝重」は芝で道悪だった時の成績です。成績は1着・2着・3着・4着以下になった回数を知ることができます。 タテに見るのでこの馬の芝での成績は現在13戦して8勝していることになります。