2月20日に東京競馬場で行われた第71回GⅢダイヤモンドS(芝3200m・4歳以上・ハンデ・晴れ・良馬場)はグロンディオーズ(単勝7番人気)が優勝。騎乗した三浦皇成騎手はダイヤモンドS初勝利。管理する美浦・田村康仁調教師は2012年ケイアイドウソジンで制しており、当レース2勝目となった。グロンディオーズは北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。

 

それでは、レースを振り返っていきましょう。

 

 

【展開・ペース】 ブラックマジックがハナに立つとジャコマルは2番手で折り合いをつけて、1000m通過が63秒8、2000mも2分07秒5とゆったりした流れで推移しました。ただ、終盤の5ハロンはすべて11秒台と速めのラップが続いて、いい脚を長く使える持久力が必要な展開になりました

 

苦難を乗り越えタイトル奪取

【レース分析】 勝ったグロンディオーズ(7番人気)は12キロ増の体重でも太め感はなく、1年半を超える長期休養があったので、6歳の年齢でも伸びしろを感じさせるような体つき。道中は中団で動かず、2周目の4コーナーあたりから前にいた②着馬を追いかけるようにスパートを開始。直線でも上がり最速の脚を使って力強く伸びて、ゴール前できっちりと前を捉えました。

「未知の距離でしたが、先生や厩舎スタッフの方々が、間違いなく距離は保つと自信を持って送り出してくれたので、こなせると信じて騎乗しました。折り合いがついて、いいポジションで運べましたし、②着馬を見ながら理想的な形で直線を向くことができました。瞬発力は向こうの方が上で、一瞬、離されかけましたが、それでも追いつけると信じて、最後まで懸命に追っていました。この馬に携わるすべての方々が本当に苦労を積み重ねてきたので、最後のバトンをいただいたからには、しっかりと仕事をしたいと思っていました。責任を果たせてホッとしています」とレース後に三浦皇成騎手がコメント。3歳時には4戦3勝で臨んだ菊花賞で伏兵視(6番人気⑬着)された好素材ですし、昇級戦でGⅢ中日新聞杯⑤着から距離延長で上積みがあれば、ここで重賞初制覇も納得の結果。順調に駒を進めればGⅠ天皇賞・春でもマークが必要な存在となるでしょう。

 

グロンディオーズの4代血統表

 

東京では堅実なオーソリティ

 ②着オーソリティ(1番人気)は抜群のスタートから好位をキープして、懸念された折り合いもスムーズ。GⅠ有馬記念に続き2度目の騎乗となった川田騎手も馬の癖を掴み、一旦は抜け出して③着馬に5馬身差ですから、勝ちに等しい内容といえます。これで東京コースでは3戦すべて重賞で①①②着と連対率10割なので、今後は舞台が替わっても、同じパフォーマンスを見せられるかがポイントになる気がします。③着のポンデザール(2番人気)は道中が勝ち馬の直後、勝負どころでも同じような位置にいましたが、直線に入ってからの反応が鈍く、掲示板も危ないのではと思うような脚勢に。そこから最後は伸びて馬券圏内を確保した点にステイヤーらしさを感じましたが、前走と同様、滞在競馬の北海道シリーズに比べると、能力をフルに発揮し切れていない印象も受けました。

 

 

 ④着のナムラドノヴァン(6番人気)は待機策から渋太く脚を伸ばして、前走の万葉S勝ちがフロックでないことを実証。長距離への適性の高さも改めて示しました。そして自分が当日版の紙面で◎にしていたヒュミドール(3番人気)は⑤着の結果。スタートから軽く気合をつけて好位のイン、②着馬の一歩前は絶好のポジションで、本来の脚を使えれば少なくとも馬券圏内は確保できたはず。ひと息入って昨年の秋の状態には今一歩だったのか、本質的に東京コースで3400mの距離は長いのか、どちらかが伸びを欠いた要因と思われますが、いずれにしても重賞だと能力不足の判断は早計でしょう

 

 

                          

text by 五十嵐 友二

 

 

※結果・成績・オッズ等のデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。

 

 

 

【データ泣き笑い】

〇前走クラス・・・連対馬の前走を見ると、勝ち馬はGⅢ⑤着、②着馬はGⅠ⑭着だった。今年は連対例がなかったGⅢ組が優勝。来年以降はGⅢ組も前走で掲示板に載っているようなら連対候補として取り扱いたい。

〇万葉S組・・・万葉Sで優勝したナムラドノヴァンは④着。6番人気である点を考慮すると健闘だが、今年も馬券に絡むことはできなかった。万葉Sで0秒2差だったタイセイトレイルは残念ながら⑧着。これで2016年以降、前走万葉Sで0秒5差以内だった馬は[2・2・1・3]。連対率は50%だから馬券の買い目には忘れずに加えたい。

 

 

 

《ダイヤモンドS 2016-20》

 

 


 
研究ニュースネット新聞の紙面がご覧いただけます!
下記リンクをクリック
 
 
研究ニュースネット新聞ご購入はコチラをクリック!
 
 

 
 
※記事中の写真は競馬ブックネットSHOPで販売中!
詳しくは写真かチラをクリック!
 
記事中の写真・紙面の無断転載、複製禁止